【不妊治療②】出生前検査と中絶について

Pocket

こんにちは、夫です。

先日、不妊治療のため妻と一緒に病院に初めていきました。現在は風疹の抗体検査結果待ちということで、妻にこの2つは事前に知っておいてと言われ、自分なりにしらべてみました。

そのワードとは、

 ■ 出生前検査

 ■ 中絶

1つ目はともかくとして、2つ目を産む前から考えるなんてと思われる方もいるかもしれませんが、実際その場になってから判断するのでは母体にも影響が出てしまいます。そのためにも、事前に知っておき、即決する覚悟を持たないといけないと思います。恐らく多くの場合は女性は産みたいというのでしょうが、そこは夫(旦那)が決断してあげないといけないと私は思います。

■出生前検査の種類

出生前検査にはいくつかあり、受けるべき時期やその精度にもそれぞれ違いがありました。その結果をまとめたものが下記になります。

新出生前診断(NIPT)を受けて、陽性ならば確定検査を受けるという流れになるそうです。

しかし、事はそう簡単ではなく新出生前診断(NIPT)は誰でも・どこでも・簡単にうけれるものではないようです。

本日はここまで、票を作るために調べるのに時間がかかってしまいましたが、まだまだ調べることがありそうです。黙示録として調べていきたいと思います。

今後も検査の内容や流れについて記事にしたいと思います。現在不妊治療を行っている方、これからと考えている方の情報源になればいいと思いますので、コメントもおまちしております。

   

ブログ村に参加しております。ぽちっとお願いします。 目指せランキング1位&フォロー数100人!!!  

↓ ぽちっと押してくれたらうれしいです。  

にほんブログ村 住まいブログへ